スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

材料のこと

私が使っているパンの材料についてです。
これからアメリカでパンを作る方の参考になるとうれしいです。
以下、長いので興味のある方は追伸をクリックしてください。

続きを読む

スポンサーサイト

これは何でしょう?

チャイナタウンで見つけました。
お値段¢98なり。
麦芽糖1

麦芽糖2

中身は・・・・
麦芽糖3

褐色ですが、水あめキラです!!
e-pan工房さんのレシピに多く使われている水あめですが、アメリカでは手に入らないと諦めてました。
いや~、探してみるもんですねsc03

パンの材料

左からグルテン、All purpose flour、ドライイーストです。
グルテンはWhole Foods Marketで、All purpose flourはTrader Joe'sで、ドライイーストはこちらで購入しました。
本当はパン作りにはBread flourを使うのですが、フィラデルフィアでは売っているところがほとんどないのです。
(唯一見つけたのはRittenhouse Marketでした。)
Whole Foodsではそば粉、全粒粉、ライ麦粉、スペルト粉・・・と何十種類もの粉類があるのに、なぜかBread flourは扱ってないんですsc07
仕方がないので食パンのようにボリュームがあるパンを焼くときには、グルテンを加えています。
ですが、このグルテン、確かに入れるとパンがふんわり膨らみますが、おいしくないのです。
ドライイーストもSAFの赤をずーっと探したのですが、見つからず。
結局、通販で購入しました。
大きさはアメリカサイズで1ポンド(454g)もあり、アメリカにいる間
には使い切れないでしょうね。

パン材料


ブログランキングに参加しています。
よかったらクリックしていってください。


にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。