スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

道具のこと

材料に続いて道具のことです。

続きを読む

スポンサーサイト

ペストリーマット

パン作りに重宝しているのが、こちら
パンマット1

シリコン製のペストリーマットなのだけど、生地を分割したり伸ばしたりする際に、手粉があまり必要ないというすぐれもの。
もちろんジャブジャブ洗えるし、食器洗浄機もオッケー。
小さく畳んで片付けられるところも気に入ってます。
パンマット2


ただし、パン生地を捏ねるのはちょっと無理です。
ベーグルのような固い生地ならまだしも、普通のパン生地だと捏ねていると生地の粘着力でシートが台から離れてしまって、捏ねるどころではなくなります。
生地は機械ごねで成型を自分で楽しむ人にはおすすめです。

実は日本からこれをわざわざ持ってきたんですが、アメリカが乾燥しすぎているからか、私の手入れが悪かったのか(こちらの可能性大)、ゆがんでしまって、パン生地を捏ねるのに安定が悪くなってしまったのです。
ペストリーボードは捏ねるのにはいいんですけど、重いし、汚れても洗えないし・・・とちょっと使いづらい(雰囲気は満点だけど)ので、今はしまってあります。

お世話になってます

パンを作るときは手捏ねではなく、このBraun Multimixを使ってます。
日本だと1万円近くするようですが、アメリカだとだいたい$40~$50前後で購入できます。
(私はAmazon.comで$37で購入しました。)
アメリカのよくある馬鹿でかい家電製品とは違い、普通のハンドミキサーが一回り大きくなった程度のサイズで、ブレンダー、ニーダー、チョッパー、ホイッパーの4役をこなす優れものです。
もちろんKitchenAidのスタンドミキサーのように大量の粉を捏ねるのには力不足ですが、粉の量が400gくらいだったら大丈夫です。
「パンを作ってみたいけど、捏ねるのがたいへんそう。」と躊躇されている方にはいい道具だと思います。

が、耐久性については?な所もあります。
私の使っているMultimixは購入してから2ヶ月目でスピード1と2が使えなくなってしまいました。
まぁ、私はパン捏ねにはスピード3を使い、後はパルスしか使わないので修理することなくそのまま使ってますが、お菓子作りにホイッパーを使いたいときには、泡立て器を1本にして(笑)使っています。
その点は考慮した方がいいかもしれませんね。



ブログランキングに参加しています。
よかったらクリックしていってください。


にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ


フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。